スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

しゃーすけ脱走

片目を失明してから、うち暮らしをしているしゃーすけ。
しゃーちゃんのいる部屋は、今エアコンがついていないのでかなーり暑いのです。
なので、いつも換気ロックをかけて少しだけ窓を開けて風が入るようにしているんだけど、
私のバカバカバカ~!
今日に限ってロックをかけ忘れたため、こじ開けてしゃーちゃんが脱走してしまいましたデス。


焦って、近所を探し回りましたが、どこにもいない。
ボス猫だったしゃーちゃんの縄張りは把握していなかったので、ホントに焦りまくりました。

ああ、いない…(涙)
でもしゃーちゃんなら帰ってくるはず。

と、自分を慰めつつ夕食の準備を終えたころ、外でオス猫のものすっごい威嚇する声が。サンダルをつっかけて吹っ飛んでいくと、若い野良猫としゃーちゃんが見合っていました。

速攻で抱き上げ、部屋へ。
たぶん半日くらいは外にいたんだと思う。
怪我していなくて、ホントよかった♪
家に入れるときはちょっと暴れたんだけど、部屋に入ったらすぐひざの上に乗ってきて、そのまま寝てしまいました。
人騒がせなしゃーちゃん!
でも無事帰ってきてよかった。
明日からロックは忘れないようにしなくちゃね。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/27(月) 21:52:10|
  2. にゃんこ屋敷の住人|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ぐうたらな姿

きーちゃんと同じ部屋で寝起きするようになって、きーちゃんの生活をよく知るようになった。
朝、起きるとまだ寝てる。夜寝るときももう寝てる。昼間見に行くとやっぱり寝てる。いったいいつ起きているんだろうかと思うくらい、ねんねしまくりなのだ。
その姿がなんていうか、すごーくぐうたらな感じ。
のびきって、スピスピいいながら気持ちよさそ~に熟睡してるんだ。つついても、ゆらゆらさせても全然目を覚まさないで、ぐっすり眠り込んでいる姿はとっても幸せそう。

たくさんいる猫たちのなかでも、きーちゃんはホントに最高。
なんでもよくわかるし、たとえば私がきーちゃんをからかっているとき、きーちゃんは私と遊んでいるとちゃんと意識してるみたい。
他のねこたちだと、私に対して本気で怒ったりイラついたりするけど、きーちゃんは遊んでいると思っているときは、いつもゴロゴロしながらからかわれていてくれている。
きーちゃんがいなくなっちゃったらどうしようなんて、いつもはあんまり考えないこと、つい思ったりして。
このごろちょっと年寄りっぽくなってきたからなぁ。
長生きしてちょうだいね、きーちゃん。
  1. 2005/06/24(金) 20:17:29|
  2. にゃんこ屋敷の住人|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バイバイ、ママ

先日、ママとお別れのときが近づいていると書きましたが、やっぱり虹を渡っていってしまいました。

ママとの付き合いというか、彼女を知ったのは、まだママがノラちゃんで子猫を連れてご近所でご飯をもらうようになったころから。たぶん4年くらいにはなるんじゃないかなぁ。
とっても小さいけど、いかにもハハ強しって感じで、知っているだけでもけっこうな数の子猫を産んでいると思う。そのころはうちには寄り付かず、お向かいの庭にいつも潜んでいて、私はものすごく警戒されていたんだっけ。親離れした子猫たちをカンカンで手なずけていくうちに、ママもそろりそろりと寄ってきてくれるようになって。
でもいつも、ある一定の距離は保っていて。

2年前にちびこたちが我が家の庭に常駐するようになって、ようやくママともちょっと近しくなった感じだった。避妊手術をしたいと常々思っていたんだけど、ちびこが呼び水になってくれて、やっと保護。そして手術。

そのあと一度外に出て行ってしまったんだけど、去年の夏に戻ってきてからは、ずっと我が家暮らし。それでも馴れたとか、なついたという感じではなくて、亡くなる2ヶ月前くらいになって、スリスリしてくれるようになったくらい。

生前のママはヤブニラミっていうのかな?目つきが悪かったんだけど、死に顔はすごく可愛らしくて安らかでした。
  1. 2005/05/30(月) 00:49:29|
  2. にゃんこ屋敷の住人|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

がんばれママ

ママは我が家のなかでは新参のニャンコ。
子猫ごと保護して避妊手術をしたあと、ママだけ外に出て行ったのだけど、去年の夏やせこけて戻ってきて以来、ずっとうち住まい。

そのママが今にも虹を渡ってしまいそうデス。
我が家では去年、猫白血病だった猫たちを3匹送っているので、当分は勘弁してほしいと思ってましたが、こればかりはしょうがないこと。
あまり馴れてくれなかったママが、よろよろしながら体をこすり付けてくるなんて、自分でも心細いのだろうなぁと思いながら、マメに様子を見に行くようにしているのですが。

何度送っても、慣れることのないさみしい一時が近づいていることを感じます。
  1. 2005/05/21(土) 22:26:13|
  2. にゃんこ屋敷の住人|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ちびこ カメラ目線

205-05chibiko1.jpg

ちびこちゃん。さっきご飯をたらふく食べたところです。
カメラを向けると、ぱっとカメラ目線してくれるちびこが大好き。

ちびこは普段あんまり鳴かないのです。ご飯がほしいともいわないし、遊んでちょうだいともいわないし。ただ、庭で植物の手入れをしていると網戸越しにうにゃにゃにゃと何か話しかけてきます。なんて言ってるのかなぁ?

うちは室内飼いでお外には出ていないので、ちびこも外に出たいって言ってるのかもね。
でも抜け道になっている道路に面していて、ふっ飛ばしてくる車の往来が激しいから危ないのです。だからお外はダメなの、ごめんね。最初は普通にお外にも遊びに行っていた我が家のにゃんこズ。

かわいそうかなーと思いつつ、室内飼いに切り替えました。
毎晩帰ってこない猫を迎えに行かなくてもよくなったし(過保護?)事故の心配もなくなったし。
猫の出入り窓を開けなくなってからしばらくは、いろいろと言ってましたが…、もともと家の中が好きな猫が多かったので、けっこうすんなり切り替えられたのかも。

ちびこは子猫のころに保護してからずーっとうちにいて、一度表に出てみたんだけど、調子に乗って登りきった木から下りられなくなってから、あんまり外に出たがらなくなった気が。そういえばあの時一度だけちびこが必死こいて鳴いてたっけ。

声可愛いんだけどな。
  1. 2005/05/10(火) 23:51:03|
  2. にゃんこ屋敷の住人|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

きーちゃんスキスキ

きーちゃんと一緒に寝るようになってから2年半。もうお互いにベッドの配置なんかも暗黙の了解って感じ。きーちゃんは壁際が好きなんだけど、私も壁際が好きなんだよねー(笑)
だからなんとかして私が壁際で寝ようとするんだけど、きーちゃんも全然譲らない。私が壁際でがんばってると、おでこをペシペシしてきて。それでもがんばってると、ペシペシペシペシとしつこくたたき続けるので、結局根負けしちゃって場所を譲るわけです。
そんな日々が続き、この頃はお互いも無駄なことはしなくなって、きーちゃんが布団に入りたいーといえば私は壁際をさっと空ける…。

暑くなり始めるときーちゃんはベッドで眠るのを嫌がるようになるから、あと少しがんばれば夏のあいだは一人で手足を伸ばして眠れるぞ~!!

だけど毛布をモミモミしているきーちゃんが可愛くって、それがしばらく見られないのが残念だなっ。

205-05ki1.jpg

  1. 2005/05/09(月) 20:56:44|
  2. にゃんこ屋敷の住人|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。