スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

どこから来たの?

今朝、いつものオレタ2くんがご飯を食べにきて、用意していると、どこからともなく聞こえるミーミーという鳴き声。

こ、この声は…うんとちっさい子猫じゃないのかぁぁ(-_-;)
声をたどると、裏の駐車場に潜むようにちっさいちっさい黄トラが2匹。

なんとなく、置いて行かれたのではと予想。

我が家の隣は、車を80台以上停められる駐車場と50台近く停められる駐車場が隣り合わせにあって、裏通りでありながらけっこうな車の往来があります。
でも草むらもあるし、駐車場の奥には畑もあるから、捨てやすい場所ではある。

最初ちびにゃーずを見つけた時に、驚かさないように少し離れたところにしゃがんだら、さーっと2匹で私に駆け寄って来て、足元にコロンと転がったのです。抱っこもOK。今までいろんな猫を保護してきたけど、うちで生まれたいったん以外で、これほど懐こく人を警戒しない猫は初めてかも。
いくらその猫の性格にもよるとはいえ、野良猫の母親に育てられたら、しかも2匹ともというのはちょっとありえないんじゃないかなぁ…。

とりあえず塀に囲まれていて、草むらもある安全地帯に避難。
トイレし放題、お水にごはん、ついでにダンボールのおうちつき。
つまりうちの庭ですが…。
まだ高くジャンプできないようなので、塀の下の隙間はレンガでふさいで安全を確保。

庭に入ってから、2匹で遊ぶだけ遊んで、ご飯ちょっと食べて、ダンボールに入って熟睡しています。

たぶん、男の子たちじゃないかなぁと思うんだけど、はっきりそれがわかるほどの大きさではありません。首をぷるぷると振ると、体もよれよれしちゃうくらい、ひょろひょろです。
こんなちっさいの、すごーく久しぶりに見たなぁ。うふ♪
って、喜んでいる場合ではないのだ!

ほぼ誰かに置いて行かれたと思って間違いないとは思うけど、万一のことも考えて、少し庭で様子観察。
お迎えが来ないようなら、里親を探してあげなくてはなぁ…

ちびにゃーず3

ちびにゃーず2

ちびにゃーず1

スポンサーサイト
  1. 2005/08/28(日) 17:46:45|
  2. にゃんこ屋敷より|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。